プライバシーマーク

沿革

昭和61年(1986年) 4月 高知市与力町5-16 弘文ビル4Fに医療クレジット部門と
保健情報部門を中心にジェイエムシー四国株式会社設立。
昭和62年(1987年) 9月 第27回全国国保地域医療学会に保健情報部門参加。
昭和63年(1988年) 11月 高知市葛島4-3-30に本社ビル落成と同時に、ジェイエムシー株式会社と社名変更。
平成元年(1989年) 1月 大阪市淀川区宮原1-2-40 ウィルファースト新大阪8Fに、大阪支社開設。
平成2年(1990年) 4月 各自治体への健康管理システムの導入開始(総合データバンク事業)。
平成3年(1991年) 4月 国民健康保険医療費適正化システムの開発。
平成5年(1993年) 4月 株式会社レイクと、メディックスローン取扱における業務提携。
平成5年(1993年) 12月 東京都中央区八丁堀3-16-7 岡村ビル4Fに東京支店開設。
平成6年(1994年) 9月 四国財務局に貸金業登録。  旅行事業部開設。
平成6年(1994年) 12月 大阪支社=大阪市中央区平野町3-3-8 淀屋橋辻梅ビル4Fに移転。
平成7年(1995年) 2月 イヤホンマイク  マイイヤーシリーズ発売開始。
平成8年(1996年) 5月 東京支店=東京都港区浜松町2-2-3 菊島ビル3Fに移転。
7月 創立10周年記念パーティー開催。
平成9年(1997年) 1月 東京都港区浜松町2-2-3 菊島ビル5Fに自家発電等のエンジニアリング会社、キガサイエンス株式会社、資本金1億円を開設。
平成10年(1998年) 11月 株式会社レイク、GEへ消費者金融事業の営業権売却。
ジーシー株式会社とクレジット取扱における業務提携。
ジーシー・JCB提携カード取扱い開始。
平成11年(1999年) 4月 介護保険の施行に伴い事業計画の策定を開始。
12月 オムロン株式会社(ヘルスケアビジネスカンパニー)と提携。
平成12年(2000年) 5月 厚生行政研究グループ ヘルスケアネット21に加入。
12月 株式会社レイク、GEコンシューマークレジット株式会社へ社名変更「ほのぼのレイク」をブランドとして継続。
平成13年(2001年) 7月 MAS四国フライトクラブ設立。
フライト2001MAS四国グループ体験飛行会を高知新港にて実施。
12月 第2期介護保険事業計画の策定を開始。
平成14年(2002年) 8月 東京都葛飾区奥戸8-12-7 にジェイエムシー東京技術研究所を開設。
平成15年(2003年) 10月 次世代育成支援行動計画の策定を開始
GEキャピタル・コンシューマー・ファイナンスとGEコンシューマー・クレジットの合併により、GE・コンシューマーファイナンス株式会社へ商号変更。
平成16年(2004年) 6月 株式会社キャスコとクレジット取扱における業務提携。
J メディックスクレジットの取扱を開始。
9月 財団法人 東京都高齢者研究・福祉振興財団 東京都老人総合研究所と介護予防事業において提携
10月 全国初ASPによる介護予防健診「おたっしゃねっと」の開発に着手。
12月 高知県から中小企業経営革新計画の承認を受ける。
株式会社ユーシステム、共同事業契約締結。
平成17年(2005年) 2月 高知県より高知県高齢者健診システムの開発を受注。
3月 GEメディックスカード゙新システム稼働。
4月 キャスコ Jメディックスクレジット 総合割賦でのシステム稼働。
平成18年(2006年) 4月 障害者自立支援法に基づく障害福祉計画策定を開始。
国保ヘルスアップ事業業務受託を開始。
12月 GEコンシューマーファイナンス㈱との新カードシステム『GE-PAY』を一部加盟店に先行導入。
平成19年(2007年) 7月 ファインクレジット株式会社とクレジット取扱に関する加盟店契約を締結。
9月 株式会社ステーションファイナンスとクレジット取扱に関する業務提携契約を締結。
シェイプ・アイ(超音波画像測定装置)の開発、販売開始。
10月 介護給付適正化支援システム トリトンアラーム・トリトンスケールの販売を開始。
平成20年(2008年) 4月 特定保健指導の受託を開始。
NPO法人 健康サポートDODO大阪と提携。
平成21年(2009年) 4月 特定健診未受診者対策業務の受託を開始。
6月 CBSフィナンシャルサービス株式会社と業務提携。
平成23年(2011年) 2月 西京カード株式会社と業務提携。
5月 株式会社エヌ・シー・ビーと業務提携。
このページのトップへ